毛玉
Kedama

illust. 国末竜一
翌日も、その翌日も、窓の外には一枚の銅貨が置かれていた。不思議に思ったおかみさんが眠ったふりをして見張っていると、夜半になって一匹の毛玉がふらふらと飛んできた。
毛玉は全身を埃だらけにして、口に銅貨を重そうにくわえている。あの日、おかみさんが助けた毛玉に違いなかった。